親知らずの抜歯

contact_tel.png

親知らずとは

親知らずとは専門用語では「第3大臼歯」と言い、歯列の一番奥から生えてくる歯のことです。先天的に生えてこない方もいますが、多くの場合、20歳前後で生えてきます。

親知らずが正常な方向に生えており、さらに上下でしっかりと噛み合っている場合などには抜歯する必要はないと言えますが、斜めや真横などに生えているために、痛みなどの症状を引き起こしていたり、親知らずそのものが虫歯になっていたり、隣の歯の虫歯の原因となっている場合などには、抜歯を検討する必要があります。

当クリニックでも親知らずの抜歯を行っていますが、難症例など、当クリニックでは抜歯することが難しいと判断した場合には、信頼のおける専門医を紹介させて頂いています。

こんな場合には、親知らずの抜歯を検討する必要があります

  • 親知らずが斜めや真横などに生えているために、痛みや腫れなどの症状を引き起こしている場合
  • 親知らずそのものが虫歯にかかっている場合(抜かずに治療できる場合もあります)
  • 親知らずが斜めや真横などに生えているために、隣の歯との間にスペースができて食べかすがつまったり、適切にブラッシングすることができず、隣の歯の虫歯の原因となったりしている場合

できる限り痛みを抑えて親知らずを抜歯します

親知らずは斜めや真横など、異常な方向に生えてくることが多いため、虫歯にかかりやすかったり、隣の歯の虫歯の原因となりやすかったりします。

当クリニックでは、レントゲン検査などにより患者様の親知らずの角度や方向を確認した上で、痛みや腫れなどの症状や虫歯にかかるリスクなどをご説明し、抜歯するかどうかを患者様にご判断頂くようにしています。抜歯するとなった場合には、できる限り痛みを抑えて処置致しますので、お気軽にご相談ください。

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138