歯周病・歯のクリーニング・根管治療

contact_tel.png

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)内などに存在する歯周病菌に感染することで、歯茎が炎症を起こしたり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けたりする病気です。症状が進行すると歯がぐらぐらと動くようになり、さらに進行すると抜け落ちてしまうこともあります。現在、日本の成人の8割が歯周病にかかっているとされており、歯を失う一番の原因であると言われています。

歯周病を予防するためには、ご自宅でのブラッシングなどのセルフケアが欠かせません。ただし、初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れない病気ですので、早期発見・早期治療のためにも、歯科医院で定期検診を受けられることをおすすめします。

歯周病のセルフチェック

  • 歯茎の色が赤い(または、黒ずんでいる)
  • ブラッシング時に歯茎から出血する
  • 疲れている時や、ストレスがかかっている時などに歯茎が腫れることがある
  • 冷たいものや、甘いものがしみる
  • 歯と歯の間によく食べかすが詰まる
  • 歯が長くなった気がする(歯茎が下がってきた)
  • 歯茎を押すと白い膿が出る
  • ぐらぐらと動く歯がある
  • 噛み合わせがおかしくなった
  • 人から口臭があると指摘された

歯周病の進行

健康な歯茎

歯茎は薄いピンク色で、弾力性があり引き締まっています。ブラッシング時にも出血などはありません。歯周ポケットの深さは0.5~2mm程度です。

歯肉炎

歯茎が赤く腫れ、ブラッシング時に出血したりすることがあります。歯槽骨はまだ破壊されていません。ご自宅での適切なブラッシングなどによるプラークコントロールや、歯科医院での治療により、ほとんどの場合、症状を改善することができます。歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。

軽度歯周炎

歯茎の腫れが大きくなり、歯槽骨や歯根膜が破壊され始めます。歯周ポケットの深さは3~5mm程度です。

中等度歯周炎

歯槽骨の破壊が進行し、歯がぐらつくようになります。また、歯茎の出血だけでなく、膿が出るようになったりすることがあるため、口臭もひどくなります。歯周ポケットの深さは4~7mm程度です。

重度歯周炎

歯槽骨がほとんど失われ、歯がぐらぐらと動くようになるため、食事に支障をきたすようになる場合があります。歯周ポケットの深さは6mm以上となり、そこから歯周病菌が血流内に入り込んで、様々な全身疾患に影響をおよぼすようになることがあります。

歯周病は「お口の中だけの病気」ではありません

歯周病は、お口の中だけの病気ではありません。歯周病の原因となる歯周病菌が血液中に侵入したりすることで、次のような全身疾患に影響をおよぼすと考えられています。

歯周病が影響をおよぼす全身疾患
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 骨粗しょう症
  • がん
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 関節リウマチ
  • 早産
  • 低体重児出産

このように様々な全身疾患と深い関わりのある歯周病を適切に治療するために、当クリニックではお口の中の状態だけでなく、全身疾患により症状の悪化が疑われる患者様などには、一度内科などでの検査を受けられることをおすすめしています。

歯のクリーニング

歯の病気予防について

虫歯や歯周病などの病気を治す治療も大切ですが、それ以上に「病気にならないための治療」「病気になる前に受ける治療」が大事であると考えています。

まだまだ日本ではこうした「予防歯科」という考えが浸透していないため、病気にかかってから、痛くなってから歯科医院にお越しになる方がほとんどです。しかし、これでは効果的に歯を病気から守ることは難しいと言えます。

大切な歯を病気から守り、いつまでも自分の歯でものを噛み続けるためにも、是非当院で「定期検診」「ブラッシング指導」「歯のクリーニング」「フッ素塗布」などの予防歯科を受けられるようにしてください。

予防歯科メニュー

定期検診

3ヶ月に1回など、定期的に当クリニックにご来院頂き、お口の中の健康状態をチェックします。これにより、虫歯などの病気を早期に発見し、適切に治療することができるようになります。

ブラッシング指導

大人の方であっても、適切なブラッシングが行えていない方というのは少なくありません。当クリニックでは実際に患者様がお使いになっている歯ブラシなどの清掃用具をお持ち頂き、それを使って適切な方法をご指導します。

歯のクリーニング

定期検診にいらっしゃった患者様には、必ず歯のクリーニングを行います。ご自宅でのブラッシングなどのケアだけでは落としきれなかった汚れも、きれいに取り除くことができ、虫歯や歯周病の予防に高い効果を発揮します。

フッ素塗布

フッ素塗布はお子様だけの治療ではありません。大人であっても、定期的塗布することで効果的に虫歯を予防することができるようになります。

定期検診を受けて歯医者さんも驚く健康な歯になってみませんか?

定期検診を受けられている方と、そうでない方のお口の中の状態には明らかな違いがあります。定期検診を受けられている方お口の中の方が状態は良好で、歯茎も健康な薄ピンク色をしている場合が多いと言えます。

また、お口の中の状態があまり良くないような方でも、定期検診を受けたり、歯科衛生士がお伝えさせて頂いたセルフケア方法をご自宅で実践したりするなどして、見違えるように健康的な状態になられる方もいます。

そうした方のお口の中を診た時、歯科医師の方が驚いてしまうこともあります。是非あなたも、当クリニックで定期検診を受けられて、「歯医者さんも驚く健康な歯」になってみませんか?

根管治療

根管治療とは

虫歯が進行し、歯の神経(歯髄)にまで達してしまった時などには、歯の神経や血管が通っている細い管(根管)の中を清掃する必要があります。そうして根管内から腐敗した歯髄や組織などを除去し、清掃・消毒した後、再感染を防止するために薬剤を充填する治療を根管治療といいます。

薬剤を充填する時、根管内がしっかりと密閉されていないと、根管内に再び細菌が繁殖し、歯の根っこ(歯根)の歯周組織に炎症が起き、硬いものを噛んだ時に痛みが生じたり、歯茎から膿が出たりするなどの症状が現れる場合があります。

手動ではなく電動機器を使って、精度の高い・負担の少ない根管治療を行います

当クリニックでは、「オブチュレーションシステム」という電動機器を使った方法により根管内に薬剤を充填します。根管は複雑な形状をしているため、手動により薬剤を充填し密封しようとすると、「死腔」と呼ばれる空洞ができてしまい、細菌の繁殖を引き起こす場合があります。

しかし「オブチュレーションシステム」であれば、そうしたリスクを回避し、精度の高い根管治療を行うことができるようになります。また、手動による治療よりも治療時間を短縮することが可能なので、患者様の負担軽減にもつながります。

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138