目立たない入れ歯・インプラント

contact_tel.png

目立たない入れ歯

入れ歯とは

歯を失った時の選択肢の1つに、入れ歯があります。入れ歯とは、咀嚼、発音などのお口の機能性や審美性などを改善するために用いられる補綴物です。歯をすべて失った場合に使用されるものを総入れ歯と言い、歯が1本でも残っている場合に使用されるものを部分入れ歯と言います。

保険適用の入れ歯の場合、「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを使って固定することになりますが、患者様の中には金属のバネが目立つのを心配される方もいます。そうした方には、「ノンクラスプデンチャー」という金属のバネを使用しない入れ歯がおすすめです。

「ノンクラスプデンチャー」であれば、お口まわりの審美性を損なうことなく、少ない違和感で入れ歯をお使い頂くことができます。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを使用しない入れ歯です。見た目が自然で、入れ歯自体を薄く作ることができるので、お口まわりの審美性を損なうことなく、少ない違和感でお使い頂けます。また、金属を使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。

金属床入れ歯

床部分にコバルトクロム、チタンなどの金属を使用した入れ歯です。装着してもほとんど気にならないほど薄く作ることができるため、少ない違和感でお使い頂けます。また、熱伝導に優れているので、食事の際の温度差を自然に感じることができ、美味しく味わって頂くことができます。

患者様のご希望に応じて、最善の入れ歯を提供します

「外れにくい入れ歯が欲しい」「できるだけ違和感の少ない入れ歯が欲しい」など、患者様によって入れ歯に対するご希望は様々です。
当クリニックではそうしたご希望をおうかがいした上で、最善の入れ歯を提供するように努めています。決して、こちらが一方的に設計したものを提供したりはしません。

患者様との対話により、ご希望に沿ってカスタマイズしたものを提供させて頂きます。

入れ歯のお悩みは、ながおか歯科クリニックにお任せください

入れ歯は「1回作れば終わり」ではありません。人の顎は日々変化していくため、定期的なメンテナンスが必要となります。総入れ歯であれば半年から1年に1回程度、部分入れ歯であれば3ヶ月に1回程度を目安にご来院ください。

当クリニックはこれまで数多くの入れ歯を作製したり、メンテナンスしたりしてきた経験がありますので、初めて入れ歯を作るという方から、今お使い中の入れ歯が合わなくて困っているという方まで、入れ歯のことなら何でもお任せください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯が抜け落ちた箇所にインプラント体(人工歯根)を埋入し、顎の骨に固定した後、アバットメント(インプラント体と人工歯の連結部分)を装着させて、その上に人工歯を被せて機能性を改善させる方法です。どうしても入れ歯を入れたくない方、入れ歯が合わない方、他の健康な歯を削りたくない方、天然歯同様にものを噛めるようになりたい方などにおすすめの治療です。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

 インプラント入れ歯ブリッジ
概要 歯の欠損部分の顎骨にインプラント体を埋入し、アバットメントを装着させ、その上に人工歯を被せて機能性を改善させる 歯の欠損部分に人工歯付きの床を乗せ、残存歯に金属のバネをかけて固定する 歯の欠損部分の両隣の歯を削り、それを支台として人工歯を固定する
メリット 天然歯同様にものを噛むことができるようになり、審美的にも優れている 歯型を取るなど、比較的簡単な治療で済む 天然歯に近い噛み心地を得ることができ、一般的に入れ歯よりも違和感が少ない
デメリット 人工歯根を顎骨に埋入するために、外科手術が必要となる 痛み、ものが上手く噛めないなど、装着時に違和感を覚えることがある 人工歯を固定するために、両隣の歯を削らなければいけない

インプラント治療の流れ(2回法)

カウンセリング

患者様の歯のお悩みや治療に対するご希望をおうかがいした上で、お口の中の状態を詳しく確認します。この時、虫歯や歯周病などの病気が見つかれば、先に治療します。

精密検査

CT検査、口腔内写真検査、模型検査などを行い、より詳しく患者様のお口の中の状態を確認します。

インプラント体の埋入(1回目の手術)

歯茎を切開し、顎骨にインプラント体を埋入します。その後、顎骨とインプラント体が結合するまで、上顎で4~5ヶ月程度、下顎で3~4ヶ月程度待ちます。

アバットメントの装着(2回目の主従)

顎骨とインプラント体が結合したのを確認した後、再び歯茎を切開して、アバットメントを装着させます。

人工歯の作製

患者様の歯型から、人工歯を作製します。

人工歯の装着

完成した人工歯を装着させます。

定期メンテナンス

定期的にご来院頂き、治療後の経過を観察します。

安心・安全なインプラントを提供するために

インプラントは、「人工歯を被せたら終わり」ではありません。その後の定期メンテナンスも含めて、1つの治療であるとお考えください。

インプラントは素晴らしい治療ですが、手術後の定期メンテナンスを受け続ける自信がなかったり、ご自宅でのブラッシングなどによって適切にプラークコントロールが行えないような患者様には、強くインプラントをすすめたりはしません。そうした患者様にすすめて治療を行っても、すぐにインプラントが脱落したり、インプラント周囲炎などのトラブルを引き起こしたりする可能性があるからです。

そういう意味では、当クリニックはインプラントの敷居を高く設定していると言えます。
ただしそれは、患者様に安心・安全なインプラントを提供するための「誠実さ」の表れであるとお考え頂ければ幸いです。

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138