一般歯科・小児歯科

contact_tel.png

一般歯科

歯医者の治療が苦手な方へ~痛みの少ない虫歯治療~

「歯医者の治療は痛い」というイメージをお持ちではないでしょうか?なかには、子供の頃に受けた虫歯治療がトラウマで、なかなか歯科医院に足が向かないという方もいらっしゃるかと思います。そうした痛みに対して恐怖心の強い方にも安心して虫歯治療を受けて頂くために、当クリニックではすべての患者様に対して「痛みの少ない治療」を行っています。

「歯医者は痛い」「歯医者は怖い」というイメージを払しょくし、誰でも安心して受けられる治療の提供に努めます。

4つの工夫で麻酔注射時の痛みを抑えます

「痛みの少ない治療」を提供するために、当クリニックでは麻酔注射を行うことがありますが、この麻酔注射時に痛みが生じては意味がありません。そのため、4つの工夫によりできるだけ痛みを抑えた状態で、麻酔注射を行うようにしています。

①表面麻酔

歯茎にゼリー状の麻酔を塗り、感覚を麻痺させて麻酔針を刺す時の痛みを抑える方法です。ゼリー状の表面麻酔以外にも、スプレー式のものや、シールを張り付けるタイプのものもあります。

②電動麻酔器

麻酔液を注入するスピードが一定でないと、痛みが感じやすくなるとされています。なので、コンピュータ制御により一定のスピードで注入できる電動麻酔器を使用することで、痛みの発生を抑えます。

③33Gの極細針

手動による麻酔注射の場合、使用される麻酔針の太さは、27G(0.4mm)または30G(0.3mm)が一般的ですが、電動麻酔器による注射の場合には、33G(0.26mm)という極細針を使用することができます。

④麻酔液を温める

麻酔液と体温とに差があると、注入時に痛みが感じやすくなるとされています。なので、機械により麻酔液の温度を体温に近づけてから注射を行います。

虫歯の進行

CO(要観察歯)

ごく初期の虫歯です。歯の表面が白く濁ったり、溝が茶色く変色したりすることがありますが、ほとんど症状は現れません。

治療

歯を削らずに、適切なブラッシングやフッ素塗布などにより治療します。

C1(エナメル質の虫歯)

歯の表面(エナメル質)が浅く溶けた、初期の虫歯です。溶けた部分が黒ずんだりすることがありますが、まだ症状は現れません。

治療

虫歯部分を削り、詰め物を詰めます。

C2(象牙質の虫歯)

エナメル質の奥にある象牙質にまで進行した虫歯です。冷たい水や、甘いものがしみたりするようになります。

治療

虫歯部分を削り、詰め物を詰めます。

C3(歯髄の虫歯)

歯の神経(歯髄)にまで進行した虫歯です。熱いものがしみたり、何もしなくてズキズキと痛むようになったりします。

治療

必要に応じて根管治療を行い、被せ物を被せます。

C4(歯根の虫歯)

歯の根っこ(歯根)にまで進行した虫歯です。歯の目に見える部分(歯冠)がほとんど破壊されてしまい、歯髄も腐敗してしまっているため、痛みなどの症状は一時的になくなりますが、放置すると再び痛みや腫れなどの症状が現れる場合があります。

治療

必要に応じて根管治療を行い、被せ物を被せます。根管治療が適応でない場合には、抜歯を行い、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの補綴治療を行うこともあります。

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは、お子様を対象に虫歯などの病気の治療や予防を行うものです。

当クリニックでは、決して無理矢理お子様を診療したりはしません。その子の年齢や性格、成長に応じてゆっくりと段階を踏んで診療を進めるようにしています。例えば、歯科医院での診療を極度に怖がるお子様の場合などは、いきなり診療室に案内したりせずに、キッズスペースなどでお母様と遊んでもらいながら、「歯医者は怖いところではない」と思ってもらってから診療に移るようにしています。

これは、無理矢理治療することで、将来その子を「歯医者に通えない大人」にしないためです。また、お子様のうちから定期的に歯科医院に通う習慣を身に付けてもらい、病気予防に努めてもらいたいからです。

「今の予防」が「将来の健康」につながる。このことを大切に考えて、お子様の歯の健康をサポートします。

お子様の予防メニュー

お子様の歯を病気から守るために、当クリニックでは「定期検診」「ブラッシング指導」「歯のクリーニング」「フッ素塗布」「シーラント」などの予防メニューに力を入れています。このうち特に「定期検診」と「ブラッシング指導」は、お子様の歯の健康を維持する上で欠かせませんので、是非受診させてあげるようにしてください。

定期検診

3ヶ月に1回など、定期的に当クリニックにご来院頂き、お口の中の健康状態をチェックします。これにより、虫歯などの病気を早期に発見し、適切に治療することができるようになります。

ブラッシング指導

お子様に適切なブラッシング方法を身に付けて頂くために、正しい磨き方や歯ブラシの選び方などをご指導します。また、お子様の歯を病気から守るためには、お母様・お父様などの保護者の方のサポートが欠かせません。そのため、お子様への指導だけでなく、保護者の方にも適切な仕上げ磨きの方法をご指導したり、お子様の歯の状態について詳しくご説明したりしています。

歯のクリーニング

お子様の歯の状態を詳しく確認し、磨き残しなどをきれいにお掃除します。ご自宅でのブラッシングだけでは取り除くことが難しい汚れもありますので、定期的に受けさせてあげて、お子様のお口の中を清潔な状態に保つようにしてください。

フッ素塗布

虫歯菌への抵抗力を高める効果があるフッ素を塗布し、お子様の歯を虫歯にかかりにくくします。当クリニックは京都市の「フッ化物歯面塗布指定医療機関」ですので、2~3歳のお子様であれば、母子健康手帳に添付の受診票でフッ素塗布を1回無料で受けて頂くことができます。

シーラント

ブラッシングが行いにくく、食べかすなどがたまりやすいため、虫歯にかかりやすい奥歯の溝をプラスチック樹脂で埋めることで予防する方法です。

お子様の歯を病気から守るために~3つの取り組み~

①お子様の歯の状態を、保護者の方と一緒に確認します

お子様の歯を病気から守るためには、お母様・お父様などの保護者の方のサポートが欠かせません。そのため、当クリニックではお子様の歯に虫歯がある場合などには、それを保護者の方に一緒に確認し、今どんな状態なのか、そして、今後どのような治療が必要になるのかをお伝えして、歯科医師と二人三脚でお子様の歯の健康を守って頂くようにしています。

②適切なブラッシング方法の習得を第一に考えます

保護者の方の中には、「フッ素塗布さえ受けさせていれば、子供の歯の健康は守れる」とお考えになっている方もいるようですが、そうではありません。当クリニックでは、お子様の歯の健康を守る上で最も大切なことは、「適切なブラッシング方法を習得させてあげること」と考えています。

ご自宅で適切なブラッシングが行えていないために、食べかすなどの汚れがいっぱい付着している歯に、いくらフッ素を塗布しても十分な効果が得られない場合があります。なので、フッ素塗布はお子様が適切なブラッシング方法を習得した上での、補助的治療であるとお考え頂くのがいいかと思います。

「フッ素塗布さえしておけば大丈夫」ではありません。最も大切なのは、ご自宅での適切なブラッシングにより、お口の中を常に清潔な状態に保つことなのです。

③お子様の自立性をみて仕上げ磨きの時期を判断します

よく保護者の方から、「何歳まで仕上げ磨きをすればいいのですか?」というご質問を受けますが、当クリニックでは、「12歳まで」といったように年齢を基準に仕上げ磨きの時期をお伝えしてはいません。お子様お一人おひとりの性格や言動などを詳細に観察し、「この子はもう仕上げ磨きをしなくても大丈夫」「この子にはまだ、仕上げ磨きが必要」といったように、成長に合わせてお伝えするようにしています。

お子様の成長過程はすべて同じではありません。8歳であっても自分でしっかりと磨ける子もいます。そういう子にいつまでも仕上げ磨きを行っていると、かえって適切なブラッシング方法の習得を妨げてしまう場合があります。なので、お子様お一人おひとりの自立性をみて、仕上げ磨きの時期をお伝えするようにしています。

ながおか歯科クリニックは京都市の「フッ化物歯面塗布指定医療機関」です

当クリニックは、京都市の「フッ化物歯面塗布指定医療機関」です。2~3歳のお子様であれば、母子健康手帳に添付の受診票でフッ素塗布を1回無料で受けて頂くことができます。フッ素塗布は継続して受けることで予防効果を高めることができますので、是非ご活用ください。

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138