ながおか歯科クリニックブログ

contact_tel.png

2013.12.26更新

「歯医者は苦手」という方は少なくありません。
特にお子さまは、病院というだけで嫌がることもあります。

京都市左京区の当クリニックでは、患者さまになるべく負担のかからない方法を駆使して治療をしています。
注射はなるべく痛みを感じないように、極細の針を使用しています。
また、薬液注入を自動化した機械を使用することで、痛みを軽減できるようにしています。

虫歯の治療や親知らずの抜歯など、「痛い」「怖い」と思われがちな治療もスムーズに安全に行っています。
歯に痛みや違和感がある場合は、がまんせずに安心してご来院ください。

また、当クリニックでは、虫歯や歯周病治療の他に、根管治療をはじめ、入れ歯やインプラント、ホワイトニングや顎関節症、噛み合せの矯正までトータルなケアで患者さまの歯の健康に貢献しています。

投稿者: ながおか歯科クリニック

2013.12.19更新

みなさまは、顎関節症という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

顎関節症の患者さまは、この十数年で15倍に増えたというデータもあり、特に20代から30代の女性に多く見られます。
症状としては、顎が痛んだり、口を大きく開けることができなくなったり、顎を動かすとカクカクと音がする、などが挙げられます。
また、顎以外にも、姿勢が歪んだり、肩こりや頭痛を伴うこともあります。

これらは、歯科医院で治療することができます。
痛みの場所や程度によって治療方法は異なりますが、痛み止めを処方したり、ストレスによって歯ぎしりをしてしまう方には、就寝時に装着するナイトガードを作成することもあります。

顎関節症をそのままにしておくと、体全体の不調の原因ともなりますので、これらの症状に思い当たる方は、お早めにご相談ください。

投稿者: ながおか歯科クリニック

2013.12.17更新

歯医者さんに行きたくない、という声は残念ながら、やはりなかなか消えないのかもしれません。
キーンという音や歯が削れる感触が嫌、という方もいらっしゃいますが、私たちはその原因の一つを本来なら痛みを取り除くための麻酔注射にあるのでは、と考えております。

麻酔の注射にはテクニックと知識が必要です。
また、麻酔の薬液を一定の速度で注入するのが一番痛くないとされているのですが、なかなか手作業で行うには難しいものです。

当院では薬剤注入ができる機械を導入し、自動で痛くない麻酔注射ができるようになっております。
また、針は極細のものを選んでいますし、注射の前に表面麻酔をします。
更に直角ではなく、角度をできるだけ浅くする熟練のテクニックで痛みの負担を出来るだけ軽減するように努めています。

投稿者: ながおか歯科クリニック

2013.12.10更新

小さなお子様にとっては、歯医者は苦手、怖いというイメージがあります。
当院は、歯医者嫌いなお子様が少なくなればと願い、治療を行っております。

一度、虫歯などで痛くなる前に、歯医者に遊びに行ってみるというのもよい方法です。
京都市では、市内にお住まいの2、3歳のお子様が1回無料でフッ素を受けることができる事業があります。
当院は、その指定医療機関です。
初めての歯医者見学に、是非ご利用ください。

フッ素塗布とは、歯にフッ素をコーティングして、虫歯になりにくい環境をつくります。
子供の歯は、柔らかく虫歯になりやすい、また虫歯になると進行が早いのが特徴です。
パパやママが、虫歯を未然に防いであげましょう。

また、京都市左京区にある明徳児童館で月に一度、乳幼児期の子供の口腔についての話をしております。

投稿者: ながおか歯科クリニック

2013.12.05更新

当院は、京都市左京区で歯科全般を取り扱っておりますが、一方で小児歯科にも力を入れております。

これまでも地元の児童館にて乳幼児の口腔衛生についてのお話をさせていただいており、ご好評を賜りました。
さて、京都市在住の2歳から3歳のお子様がいらっしゃるお母様はフッ素塗布を一回だけではありますが、無料で受けられるのをご存知でしょうか。

フッ素は乳歯が生え始めた時点で塗っていただくのが効果的であると当院では考えており、定期的にフッ素を塗布していただくことでバリヤーを作り歯を強くする効果が得られ、虫歯から歯を守ることができます。

フッ素はお子様の虫歯予防に大変大きな効果があり、是非早くから塗布していただくことをお勧め致します。

投稿者: ながおか歯科クリニック

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138