ながおか歯科クリニックブログ

contact_tel.png

2014.06.10更新

親知らずは必ずしも抜歯が必要というわけではありませんが、奥まった部分に歯が生えてくるため歯磨きがしづらく虫歯の原因となる場合があります。
また、歯が斜めを向いた状態で生えていたり、歯茎の中に埋まったような状態で生えている場合もあることから結果的に抜歯を余儀なくされるケースが多いのも確かです。

患者様の中には親知らずの抜歯から時間が経過して麻酔が切れ始めることにより、痛みで口が開けられなくなる方や食事も困難な方もいらっしゃいます。
中には余りの痛みに寝込んでしまう方もいらっしゃるほどです。

当院は、京都市左京区を拠点に幅広い歯科診療を行う一方で親知らずの抜歯も行っております。
抜歯の際には歯が生えている角度を十分に確認してから抜歯を行い、抜歯後の腫れや痛みなども対応させて頂きます。

投稿者: ながおか歯科クリニック

ながおか歯科クリニックブログ 歯医者ガイド当院が掲載されています
TEL:075-708-1138